二日酔い対策最新の記事

二日酔いの仕組み

二日酔いは、体内でのアルコール分解能力を超えた量を摂取してしまったために翌日まで体内にアルコールまたは分解途中のアセトアルデヒドが留まっていて、それらがいろいろな不具合を生じさせている状態を言います。

体内に入ったアルコールは利尿作用があるために、体内では水分が不足してしまいます。
脱水状態に陥った体では脳が縮んでしまう症状が起こるために、二日酔いで起きると激しい頭痛に襲われるのです。

それから、尿と一緒に体外にでてしまう成分がたくさんあります。
カルシウムやマグネシウム、亜鉛などが一緒に出てしまうのですが、これらが失われてしまうと体の調子を整える働きがおろそかになってしまうために、倦怠感や脱力感を感じてしまいます。

また、体内に残っているアセトアルデヒドは体液のバランスを崩してしまったり、血糖値を下げてしまうなどの悪影響を引き起こします。

冷や汗やかすみ目を引き起こしてしまう場合や胃腸に影響が出る場合もあり、二日酔いといっても症状はとてもたくさんあるのです。

アルコールは肝臓でしか分解できませんので、二日酔いを予防するのも改善するのも肝臓に働きかける方法が一番です。

二日酔いのメカニズムはまだ解明途中ですので、これから新たな発見があるかもしれません。

二日酔い対策について

アルコールを摂取しすぎた翌朝、吐き気や頭痛、だるさやなどの二日酔いの症状に襲われることがあります。アルコールが肝臓の働きによって分解されて体外に排出されないと二日酔いの状態になってしまうのです。
カテゴリー
更新履歴
二日酔いの仕組み(2015年3月 1日)
二日酔いの症状(2015年3月 1日)
二日酔い症状の個人差(2015年3月 1日)
二日酔いの男女差(2015年3月 1日)
二日酔いを続けていると(2015年3月 1日)