Top > 二日酔いの男女差

二日酔いの男女差

男性と女性で二日酔いの症状の出方に違いはあるのでしょうか。
アルコールの分解にかかる時間を出す公式では、体重などが関係するため男性より体の小さい女性はアルコールの分解に時間がかかります。
また、男性と比べると肝臓の大きさも小さく、アルコールの分解能力は劣っていると言われています。
そして血液の量も男性と比べると女性の方が少ないことから、女性は男性よりアルコールには弱いと思われています。
しかし、血中のアルコール濃度で言えば、必ずしも女性の方が高くなるとは限りません。
特に体脂肪が多い女性は、アルコールが脂肪に溶けていくので血液中のアルコール濃度はそれほど高くならないのです。
血中のアルコール濃度がそれほど高くなくても体内に入ったアルコールの量に対応した処理能力は必要ですので、やはり男性より女性の方が二日酔いになりやすいと言えます。
もうひとつ女性ホルモンが女性の二日酔いに大きく関係していることが分かっています。
女性ホルモンはアルコールの分解を阻害する働きをしてしまうのです。
このようなことから、女性はもともとアルコールに強い体質ではないことが分かりますのでアルコールの過剰摂取は避けるようにしましょう。
男性と一緒に飲むときはペースを合わさないようするの重要です。
女性は男性に比べて短期間でアルコール依存症になる危険が高いと言われていますので、二日酔いを習慣にしないように気をつけましょう。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
二日酔いの仕組み(2015年3月 1日)
二日酔いの症状(2015年3月 1日)
二日酔い症状の個人差(2015年3月 1日)
二日酔いの男女差(2015年3月 1日)
二日酔いを続けていると(2015年3月 1日)