Top > 二日酔い症状の個人差

二日酔い症状の個人差

二日酔いになりやすい人、なりにくい人がいます。
それは人によって、アルコールを肝臓で分解する能力の高さに違いがあるからです。
お酒に弱い人や、なかなか酔いが醒めず二日酔いになりやすい人はアセトアルデヒド脱水素酵素がうまく働かない体質の人だと言われています。
中にはお酒を全く受け付けない体質の人もいるほどです。
アルコールを摂取するとなかなか酔いが抜けない人は、アルコールの分解機能があまり活発ではないと考えた方が良いでしょう。
体内に入ったアルコールを分解するのがアセトアルデヒド脱水素酵素で、それによってアルコールがアセトアルデヒドに分解されて、体外に出るころには二酸化炭素を水にまで分解が進んでいます。
最後の二酸化炭素と水になる前のアセトアルデヒドが二日酔いでみられる症状の原因となってしまう物質です。
日本人などの黄色人種はもともとアセトアルデヒド脱水素酵素の働きが弱い人種と言われています。
酔いが醒めにくい人や二日酔いになりやすい人は肝臓に負担がかからないように、飲みすぎには十分に注意が必要です。
二日酔いになるのを防ぐ飲み方もあるようです。
アルコールを摂取するときにアルコールの吸収を妨げる働きの物を食べるなどの対策をすると二日酔いを防ぐことが出来ますし、飲む前・飲んだ後に飲むドリンク剤なども利用することで不快感を軽減させることが出来ます。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
二日酔いの仕組み(2015年3月 1日)
二日酔いの症状(2015年3月 1日)
二日酔い症状の個人差(2015年3月 1日)
二日酔いの男女差(2015年3月 1日)
二日酔いを続けていると(2015年3月 1日)